バックル式のApple Watch 本皮ベルトレビュー!

今日はApple Watchの本皮ベルトのレビュー!我が家では私も妻もApple Watchユーザー。

私は純正ミラネーゼループを使っていて非常に良かったので、妻用にサードパーティのミラネーゼループを購入したところ、これが失敗。


マグネットで止めるのですがこのマグネットの裏側がイケてない。裏側の帯磁処理がされておらず、PCにもカチっと付いてしまうのです笑。ですが、非常に安いのです。よくセールやっていまして、千円台で買えることも。Apple Watchを付けたままPC使わない人にとって良いかもしれません。

さて、そんなこんなで季節や服装に合わせやすい革ベルトを探していました。エルメスのドゥブルトゥールレザーストラップも検討しましたが、非常にお高いですね。これだけでApple Watch本体が変えてしまうので見送りました。それにしても口噛みそうなネーミングですね笑。

参考 Apple Watch HermesApple

購入したもの。

検討の結果、EloBeth Apple Watch 本皮ベルト(コーヒーカラー)を購入しました!

Amazonレビューも非常に良く、お値段もお手頃です。では早速レビューしていきたいと思います。外観はこんな感じ。

パッケージを見てみると他のスマートウォッチ向けに色々な種類があるようですね。

シンプルだけどチープなデザインです。まぁでもこれだけ見てもイメージわかないですね。他のスマートウォッチでも使い回せるように、汎用性の高いデザインです。もう少しイメージし易い写真があるといいですね。


開封すると入っているのはこれだけです。なんともまぁ簡素な感じ。ですが、ステンレスバックルの箇所にしっかりと保護テープが張ってあります。これは好印象。


これはApple Watch用なので接続部はこういう感じ。ゴムが3つ付いていてグリップを効かせて止めます。ここは純正と同様。ステンレスがいいですね。しっかりと研磨されている印象。


この角度でも研磨されているステンレスバックルはピカピカです。


革の質感もとても良いです。それからステッチも丁寧です。説明によるとハンドメイドで職人が仕上げているようです。値段からすると本当かなと疑いたくなる笑。安いので不安になりますがモノはしっかりしています。

詳細レビュー

気にしていたのは、Apple Watch本体が黒だったのでコネクタ部が目立たないか、というところ。

取り付けてみましたが特に気になることはなかったです。革と留め具の接続も丁寧な印象でした。

取り付け終わったところです。あとはベルトを通すだけ!バックルの両サイドにある2つのボタンを押すとワンタッチでバックルが開きます。バックルも程よい厚みがあり高級感がありますね。

バックルを開くとこの様になります。これでベルトを付けたまま、バックルを開くだけで手首から外せますね。でも支える箇所が細くて少し強度的に不安な印象も。


ベルト穴に通すツノ。こちらも意外にしっかりしています!チープな作りではなさそうです。ツノ、正式名称がわかりません笑。


留める穴は7つ。ここの縫い目も綺麗ですね。


金具の始点です。ここはベルトと金属を留める部分は非常に細く、ここ一箇所だけで留めているのがちょっと不安要素です。壊れるとしたらここかなぁ。


ベルトの余りを留める2つのループのうち、1つは可動式。しかも裏にも縫い目がしっかりあります。


ベルトを通して見ましょう!開いた状態でこれくらい遊びがあるのがいいですね。男性でももちろんOK!十分使えます。私が欲しいくらい笑。


ベルトを通して留めてみたところです。普通のベルトのようにサイズ調整穴があります。ベルトの余りは2つのループに入れて固定します。革の質感、いいですね〜!

まとめ

良い点
  1. 高級感がある。
  2. 本革なところ。
  3. 縫い目、ステッチが綺麗。職人ハンドメイドな点。
  4. ステンレス研磨でApple Watchの光沢にマッチする。
  5. 値段が安い。コスパが良い。
悪い点
  • パッケージデザインがいまいち。
  • ベルトと金具を接続している箇所が少し不安

と、これくらいです。コスパは間違いなく良いと思いますが一方で不安要素もあります。長期的にみて判断したいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です